足爪がボロボロ割れる!白い変色!汚い爪水虫の治し方公開!〜塗り薬や治療法、他商品紹介〜

Copyright (C)

 

本やウェブの画像、文章など著作権があるものを権利者の承諾がないまま利用すると著作権侵害となります。
少しくらいならバレないだろうと軽い気持ちで利用すると重大な罰が有りますので、甘く見ていはいけません。
人生を棒に振る大変な問題に発展する可能性もありますので、しっかりとルールを守り著作物を利用しましょう。

 

[参考条文]
民事上の対抗措置

 

・侵害行為の差止請求(著作権法112条)
 著作者、著作権者、出版権者、実演家又は著作隣接権者は、その著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。

 

・損害賠償の請求(著作権法114条)
 著作権者、出版権者又は著作隣接権者(以下この項において「著作権者等」という。)が故意又は過失により自己の著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者に対しその侵害により自己が受けた損害の賠償を請求する場合において、その者がその侵害の行為によつて作成された物を譲渡し、又はその侵害の行為を組成する公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。)を行つたときは、その譲渡した物の数量又はその公衆送信が公衆によつて受信されることにより作成された著作物若しくは実演等の複製物(以下この項において「受信複製物」という。)の数量(以下この項において「譲渡等数量」という。)に、著作権者等がその侵害の行為がなければ販売することができた物(受信複製物を含む。)の単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額を、著作権者等の当該物に係る販売その他の行為を行う能力に応じた額を超えない限度において、著作権者等が受けた損害の額とすることができる。

 

・不当利得返還請求(民法703条・704条)
 法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。(民法703条)
 悪意の受益者は、その受けた利益に利息を付して返還しなければならない。この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。民法704条)

 

・名誉回復などの措置の請求(著作権法115条・116条)
 著作者又は実演家は、故意又は過失によりその著作者人格権又は実演家人格権を侵害した者に対し、損害の賠償に代えて、又は損害の賠償とともに、著作者又は実演家であることを確保し、又は訂正その他著作者若しくは実演家の名誉若しくは声望を回復するために適当な措置を請求することができる。(著作権法115条)
 著作者又は実演家の死後においては、その遺族(死亡した著作者又は実演家の配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹をいう。以下この条において同じ。)は、当該著作者又は実演家について第六十条又は第百一条の三の規定に違反する行為をする者又はするおそれがある者に対し第百十二条の請求を、故意又は過失により著作者人格権又は実演家人格権を侵害する行為又は第六十条若しくは第百一条の三の規定に違反する行為をした者に対し前条の請求をすることができる。(著作権法116条)

 

 

刑事上の対抗措置

 

著作権、出版権、著作隣接権の侵害
個人に対する罰則は、著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、最高10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金。
著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、最高5年以下の懲役又は500万円以下の罰金が課せられます。

 

 

著作権を違反した場合、民事上の罰と刑事上の罰、または併科することができます。

イオンカード セレクトカープ優勝セールストレス解消・▲被リンクZ
被リンク無料アフィリエイトとPPCで、★被リンク増やす即日入金買取専門店

 

話題の綺麗な爪を取り戻すクリアネイルショットとは
クリアネイルショットは「北の快適工房」そして「全額返金保証対」この2つがポイントが魅力です。
詳しくしょうかいしていますのでご覧ください。


トップページ 爪水虫とは 爪水虫の原因 爪水虫の症状 清潔に乾燥 水虫の感染予防 早急な治療 水虫の外用薬 内服薬で治療